40代の抜け毛トラブル|進行する前に対策をする

髪が気になってきたら

傘を指している女性

シャンプーだけではダメ

40代ともなると髪の問題が色々出てくる方も増えます。薄毛・抜け毛の増加などは本人にとってはかなり深刻な問題です。抜け毛が増えてくるとまず気にするのはシャンプーの種類です。ネットを調べてみると界面活性剤入りのシャンプーが良くないとか、シリコンシャンプーが良いとか、はたまた逆にシリコンは良くないなど、様々な意見が散見されます。パターンとしては、かつて無頓着だったシャンプーの銘柄などを急にチェックしだしたり、評判が良いと言われている銘柄のものを購入しだしたり、といったことが多いようです。もちろん、髪に直接触れるシャンプーの成分は大事ですし、なるべく添加物が少ないものを選んだりすることは抜け毛を減らす上で非常に大事なファクターです。しかし、それだけで十分なのでしょうか。

生活/運動パターンも大事

40代が抜け毛を減らす上で気にしなくてはいけないのはシャンプーだけではありません。若いころとは代謝も色々と変化しているので、食事や運動のパターンも含めて見なおさなければ良い変化は見込めません。まず、食事についてはバランスが取れているか、不要な脂肪分や塩分が多すぎないかということが大事です。若いころには通常代謝で使われていた脂肪分が40代にもなると余ってしまい皮脂を増やす原因になるからです。また、塩分なども摂り過ぎていると髪の成長に悪影響を与えることが多いようです。また、運動のバランスも髪の健康に大きな影響を与えます。急に筋肉をつけるために激しい運動などをすると、ホルモンバランスが崩れ抜け毛が増えたりすることがあります。もちろん40代として適度な運動であればバランスがおかしくなることもありません。髪の健康のためには、食事/運動と通常の健康を維持するための要素が最も大事で、その上でシャンプーにも気をつけるのが良いということなのです。